山の写真と記録
                                                           



         雪彦岩峰群資料


雪彦岩峰群
  「北但の山と雪彦岩峰群」 表紙    「北但の山と雪彦岩峰群」 奥付   雪彦山ルート図集表紙   雪彦山ルート図集裏表紙
雪彦山の岩場資料で現存する最も古い一般書籍は姫路岳友同人会発行の「北但の山と雪彦岩峰群」です。
昭和55年発行となっていますが内容執筆はもっと以前からのものです。
特に藤木九三氏の「雪彦山・今昔」は昭和12年頃の随筆でR・C・C結成前後の様子や高揚した心情が溢れています。

1978年加古川プライベートチーム発行の「雪彦山ルート図集」は巷に色々と出まわっているこの類の原典版とも言えます。




        2010年7月のドロミテ山群
トレイルからのクロゾン・ディ・ブレンタ
チマ・トーサとクロゾン・ディ・ブレンタ
背後にカンパニーレ・バレシネーラ タケット小屋とプンタ・マサーリ カステロ・インフェルノ
アレゲよりチベッタ北西壁 トファーナ・ディ・ローゼス南壁 カレッツアから見るラテマール山群 ビッツ・ポロドイの周辺
クリスタロ登山の 2人乗りカプセル ロレンツィ小屋と ピッツポペナ 「イバノ・ディボナ」ルートの吊り橋 チマ・ディ・メッツオ3154m クリスタロ山頂3221m
トーレ・ディ・ファルツァレーゴ
ピッコロ・ディ・ファルツァレーゴ
コミチルートからの頂上ピーク 頂上終了点からの眺め



   2005年~「串本岩場」開拓
         開拓詳細
串本岩場 モスケトラバース 空のフェース
SAGACIOUS
織姫コーナー

海のカンテ

ミノリフェース

BRAVE

BRAVEから懸垂

グランドアップ開拓




      2003年~2004年の「リアルコンスタント」開拓
         開拓詳細

下部岩壁と右上に中部,上部岩壁

第1ハング

第1ハングの抜け

第2ハング上のフェース

ピピントラバースへ突入

緊張のピピントラバース

ピピントラバースを折り返して一安心

折り返し点から見下ろす

中部岩壁へのトラバースポイント

中部岩壁下部

上部岩壁

上部岩壁のワイドクラックと最終チムニーが見えますが
最終ハング帯は見えません



      2003年の「石ヤ塔 第3岩峰」開拓
         開拓詳細

石ヤ塔岩峰群

石ヤ塔岩峰群

夕陽の石ヤ塔

下北山村のパンフレットの表紙



   1997年~2002年の「大丹倉」開拓
         開拓詳細「自費出版本」を参照
大丹倉正面壁 正面壁
合成展開写真
西峰~中央峰 西峰を見上げる
西峰~中央峰
上部岩壁
西峰
ヘッドウォール
ヘッドウォール
大ハング
ヘッドウォール
大ハング下
ヘッドウォール
空中懸垂
赤倉林道終点 夏
天狗鍛冶屋敷跡
赤倉林道終点 冬
近藤兵衛屋敷跡
大丹倉山頂 夏
高倉剱大明神
大丹倉山頂 冬
宝剣の眠る御神体

赤倉林道終点
石炭層露頭
大丹倉山頂近くにある史跡「天狗鍛冶屋敷跡」のすぐそばには石炭層の露頭が見られるが江戸時代直前のことでもあり
地元の研究文献が存在しないので関連性は不明である



    1985年2月のモンブラン山群

モンブランタキュル東壁
モンブランタキュル東壁    
モンブランタキュル
グランキャプサンとモンブラン
モンブランに金星 モンモディ東壁 プトレイ山稜    プトレイ大岩稜 プトレイ大岩稜と モンブラン
グランドジョラス~ダンデジェアン    レショ小屋    モアヌ針峰と雪に埋まるレショ小屋 グランドジョラス
ドリュ ドリュ北壁 グランシャルモ
今はなきコスミック廃小屋 コスミック廃小屋の冬の特別宿泊室



        1979年のアラスカ、ルース氷河
               
建部修三氏提供
ルース氷河 ブッシュパイロット
ジェイ・ハドソン
ベースキャンプ ベーステントから  シェルドンハット
ムースズトゥース ルース氷河
バリル南東壁

建部修三氏
1978年サラテウォール登攀直後
日本人初登
カムデバイスのほとんどない時代に
3BV


     Copyright (C) 2002 Shinsuke Sugino All Rights Reserved